フェイスブック広告の有効活用 | 株式会社 パートナーズ

株式会社 パートナーズ

Facebook広告Instagram広告のアドバイスに特化した会社です。

*

フェイスブック広告の有効活用

   

Pocket

フェイスブック広告の使い方のご質問から

7.Webサイトリンクさせる広告

フェイスブック広告の使い方に正解はありません。

様々な新しい使い方をされています。

一例をあげると、ランディングページにリンクさせる広告

ブログやPPC広告よりも費用対効果が良ければ正解でしょう。

しかし、目的や役割が明確でないWebサイトにリンクさせている

それだけの広告もよく拝見します。

広告をクリックしたユーザーに次にこんなアクションをして欲しい

注文や問い合わせをしたいのに、すぐに見つからないページリンクが

多いという事が目につきます。

フェイスブック広告が有効になるのは

facebookページでいいねを押していただく事、ファンが累積できること。

そしてファンの後追いができる事。

PPC広告に比べ単価が安く使用できる事。

ターゲティングができる事。

等がありますが、単純にホームページやショップサイトに誘導されて

ユーザーの立場でどう感じられるでしょうか?

「何をして欲しいかわかりにくいページへの誘導」 ⇒ 離脱される

それだけではないかと思います。

「ウェブサイトへの誘導」というフェイスブック広告を使用する場合

誘導する先のサイトに工夫をしなければならないのはPPC広告同様だと

感じているのですが皆様いかがでしょうか。

こんなサービスを始めました。

低額でフェイスブックページにいいねを集めるサービスです。

資料請求はこちらまで

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=214611

0429f

 - NEWS